京都林泉協会は昭和7年(1932)6月に造園家・庭園史研究家の重森三玲氏らを中心として創立された、歴史ある日本庭園の研究団体です。毎月第一日曜日を例会日とし、例会では、関西圏の庭園を中心に、建築・石造品・仏像など、関連する文化財を講師の解説を受けながら見学します。最近では、道路整備により関西以遠にも見学先を拡げています。
 毎月発行の会報『林泉』は、例会の詳細案内とともに会員相互の研究発表・研鑚の場となっています。
 林泉(りんせん)の語は古く雄略朝に初見され、天平勝宝三年に庭のことを林泉と称しています。日本庭園の正しい呼称でしかも古い語です。江戸時代に発行された『都林泉名勝図会』が有名です。
 本会名の林泉もこれに因んでいます。


   
入会案内 例会計画 例会案内
会報『林泉』 京都林泉協会の歩み その他